腰椎椎間板ヘルニアの症状とキャッツクロー > 腰椎椎間板ヘルニア 症状 | キャッツクロー(キャッツクロウ) >> キャッツクローと併用して体感できるサプリメントやエクササイズ

キャッツクローと併用して体感できるサプリメントやエクササイズ






キャッツクローを飲んでいると、腰の具合もさることながら
なんだか安心できるんですよね。
精神上、いいことでもあるんでしょうか。




キャッツクローのほかにも、常日頃、腰椎椎間板ヘルニア対策として
やっているエクササイズや、飲んでいるサプリメントがあります。

腰椎椎間板ヘルニアをいろいろな角度から狙い撃ちすることで
よりよい方向に身体を持っていきたいと思っているからです。

キャッツクローに加えて飲んでいるのが、
グリコ パワープロダクションのジョイントプラスです。



体を酷使する職業としては最右翼に入るであろうプロレスラーやプロアスリートを
ターゲットとして作られていて、実際にプロレスラーやプロアスリートが愛用している実績から、腰椎椎間板ヘルニアにどうかと飲んでいるわけです。

プロレスラーやプロアスリートは、腰や足の痛みはつきものだと思うので、
それらを効果的にケアするサプリメントとあれば、期待できます。

私は、グリコ パワープロダクションのジョイントプラスを
朝に1スクープ、プロテインに混ぜて飲んでいますが
カフェオレの甘い味わいが、とてもおいしく感じられます。

実感具合は、というと、飲んでいきなり、腰の具合がバリバリ全開ということではなく
じわじわと悪いところをリペアしてくれているんじゃないかと感じます。

実際、グリコ パワープロダクションのジョイントプラスを切らしてしまって
1週間ほど飲まない時期があったんですが、腰の重さや足のしびれが
すこり戻ってきたような感じがしました。
プラセボ?といってしまえば、それまでなんですけどね。

キャッツクローやグリコ パワープロダクションのジョイントプラスとあわせて
今では日常生活の一部になってしまったのが、ゆる体操。



ストレッチや腰痛体操とも違う、ほんとうに体の奥を「ゆるめてくれる」体操だと思います。

1日5分程度の体操なのですが、夜、寝る前にゆる体操をやっていると
最後の方には、体が気持ちよ〜くなっています。
特に、お腹の奥の方にある大腰筋というインナーマッスルをゆるめる体操は
ガチで気持ちがいい。この体操をやっていると、お腹がグルグルとなっているのが
わかりぐらい、ゆるんでいるんだなあと思えます。

キャッツクロー、グリコ パワープロダクションのジョイントプラス、そして
ゆる体操を続けることで、私の腰椎椎間板ヘルニア対策はいい方向にいっています。








→ 管理人パパに質問メールを送る

※上のフォームが開かない場合
→ nai3man★yahoo.co.jp (★を@に変えてください)



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔