腰椎椎間板ヘルニアの症状とキャッツクロー > 腰椎椎間板ヘルニア 症状






↑ 私も試してみたキャッツクローです


腰椎椎間板ヘルニアは、時期によって辛さが異なります。私の場合、寒くなってくると腰に変な違和感を感じたり、腰の異常がきっかけとなるのか、首や肩が重くなり、頭痛にも悩まされたりします。

そんな寒い時期をどう乗り切るのか、いろいろと知恵を絞るわけですが、私流、寒い時期の椎間板ヘルニア腰痛対策は3つあります。

まずは、とにかく腰部を温めること。レンジでチンするウォーマーを腰に当てると、その気持ちよさはなんともいえません。朝起きてすぐ、ウォーマーをレンジに入れるのが、寒い時の習慣です。



腰を暖めていると、血行も改善されるのか、全身がポカポカしてきて首や頭の重さも減るような気がします。また、寝る時にウォーマーを温めておいて、寝床の中に入れておきます。ちょうど腰のあたりにいれておいて寝ると、ちょうどよい暖かさで安眠できますね。朝になると暖かくないですが、湯たんぽやアンカのようにずっと入れておくと、かえって熱くなってしまって蹴飛ばしてしまうこともないので、いいと思います。

2つめは、関節などのケアのためのサプリメント。今は、某有名な企業の関節サプリメントにも入っているボスウェリアを飲んでいます。



腰椎椎間板ヘルニアになった当初は、キャッツクローを飲んでいました。自分ではけっこう体感できましたので、できれば長いこと飲んでいたかったのですが、コスト面から少々中断していました。

しかし、時代は変わるものです。キャッツクローの新しいサプリメントが発売されていました。コストパフォーマンスもよさそうなので、期待大です。キャッツクローは、腰痛椎間板ヘルニアの初期に飲むと、もっとも体感できるような印象があります。



3つめは、適度な筋トレでしょうか。今は、上半身のための腕立て伏せと、下半身のためのレッグマジックXでのトレーニングをしています。レッグマジックXは正規品を買いましたが、音も静かで、わかりやすいトレーニングDVDが付属していました。1日1分で太ももの内側をしっかりトレーニングできるので、老化防止にもなるのかなと。



いったん腰椎椎間板ヘルニアで腰痛に悩まされてしまうと、上手に一生付き合っていくことになるかもしれません。痛いからとシップばかり貼っているのもどうかなということで、できる範囲で前向きな改善方法をやっています。どれも自分には十分すぎるほど体感できて、コストもそれほどではないので、続けるのも楽です。




↑ 私も試してみたキャッツクローです








↑ キャッツクローをはじめたい人に


腰椎椎間板ヘルニアと診断されてからというもの、ずっと、腰のハリや痛み、足のしびれに悩まされています。鍼灸院の先生曰く、腰を変に意識するからなのか、姿勢が狂っているらしく、それが元で腰や足に負担がかかっているかもしれん、ということです。

最初のアノ激痛を経験しているからこそ、もう二度とあの痛みだけは味わいたくない。その気持が、かえって腰に負担をかけているのでしょうね。

今のところ、ゆる体操を毎日続けているためか、ちょっと変だな、おかしいなというレベルで済んでいるのかもしれません。



それと、腰にいいと言われているサプリメント。すっかり習慣と化してしまって、今ではサプリメントを飲まないと落ち着きません。



腰椎椎間板ヘルニアは切った張ったで100%完治するものではないようです。日々、気をつけながら、いいと思われる手段を試すことで、上手に付き合っていくしかないのでしょうね。

時々、足の先や太ももに痺れに似た感覚が走ると、ああ、またか、とがっかりします。
でも、なにもしないと、そういう痺れや痛みがひどくなって、生活どころではなくなってくるのでしょう。なんとも気を使うものです。




↑ 私も試してみたキャッツクローです











腰椎椎間板ヘルニアと診断されると、毎日、腰のことが不安で不安でしかたがないんですが、まあ、あんまり気に病んでいてもしょうがないです。

痛みが時たまはしることがあるし、足がしびれるような感じになることも時々ある。
あ、来たかな来たかな、と思いながら、ちょっと気をつけて身体を動かすことにしています。

重いものを持たないようにするとか。荷物を持ったまま、腰をひねらないようにするとか。私の腰痛の原因は、まさに重いものを持って腰をひねるような動作をしたことにありますから。

腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛をなんとかよくしたいと思っているんですが、へたに筋トレを一生懸命やってしまうと、筋肉に負担がかかって、かえってやぶ蛇になりかねないのが怖いです。

腹筋をやったほうがいいような、やるとかえってダメージがあるような・・・
腰痛持ちのための腹筋というのも、方法としてはあるらしいですけどね。

私は、今は筋肉を鍛えるよりも、筋肉を緩めて、日頃のダメージを取り除くようにしています。そのために毎日欠かさないのが、ゆる体操です。



ゆる体操のやり方は本に書いてあるとおりで、1日5分もかからない簡単な体操なんですが、やっていると、筋肉がじわじわと緩んでいく感触が楽しめます。
いや、ほんと、楽しいんです。気持ちがいいぐらい、筋肉がリラックスするのが感じられます。ゆる体操でお通じも快調です。



↑腰椎椎間板ヘルニアで辛い時、これに助けられました。










腰椎椎間板ヘルニアと言われてから2年半ほど経過しました。
腰のハリを時々感じることはありますが、無理を控えていることもあり
それほど大きな痛みは起きていないようです。

長いこと飲んできたキャッツクローのおかげもあるかもしれません。



キャッツクローはインカ帝国の時代からペルーで医薬品として使われてきた植物で
抗炎症、免疫力増大、マクロファージの活性化など、いろいろなメリットが
あるようです。

私が探した中で一番安値だということもあり、
朝晩と飲み続けて、ちょっと腰の調子がおかしいと思える時や、長距離の出張の時などには多めに飲んでいました。

そのせいか、腰にそれほど不安を感じることなく過ごせました。

次に私が試しだしたのが、ボスウェリア。



こんどは、インドのアーユルヴェーダ医療に源を発するものだそうで、抗炎症を目的として使われてきたのだそうです・

最近、関節系のサプリメントにボスウェリアが配合されているものをよくみかけるようになってきました。調べてみると、腰椎椎間板ヘルニアの私にもよさそうだったので
キャッツクローから切り替えてみることに。

ボスウェリアを飲み始めてから半年ほど経過しましたが、特に問題なく過ごせています。
私の買っているボスウェリアサプリメントは、肝臓にもよいと言われるクルクミンが入っているので、肝臓起因と思われる背中の痛みにもよさげです。

あくまでもサプリメントなので、効く効かないということは明確ではないし、人によっても差があるのでしょうが、私にはフィットしたようです。













腰椎椎間板ヘルニアと診断されてから、2年以上が経過しました。

あまりの辛さ苦しさに
自分でも何とかしようとした結果、キャッツクローを発見。

いろいろと製品を変えながら、飲み続けてきました。

コストパフォーマンス上の理由で
一番長く愛用してきたのが、このキャッツクローサプリメント。



たぶん、今のところ、国内最安値じゃないかなあと思うんですが。
朝晩と毎日飲んでも、なかなか減りません。

キャッツクローの体感具合ですが、
あまりにも長く飲み続けたせいか、惰性になってしまって
よくわからなくなってきてしまいました。

腰椎椎間板ヘルニア対策として、キャッツクローに代わるサプリメントはないものかと
探していたところに、関節対策として、こんな成分があるよと、人に教えてもらったのが
ボスウェリア。

ボスウェリアは、インドのアーユルヴェーダ医療などで長年使用されてきた
抗炎症のサプリメントらしい。
肝臓にも効くクルクミンも含まれているということは
肝臓が悪くなると、背中の痛みにつながる説があるので、それへのケアでしょうか。

値段や含有量をいろいろ比較した結果、
このサプリメントを試してみることにしました。



ボスウェリア1本にして1ヶ月ほど経過しますが
お酒飲みでもある私には、1つで2つおいしいサプリメントだと感じます。

腰や足のしびれもそれほど感じることはありません。
お酒を多少多めに飲んでも、寝る前にボスウェリアを飲んでおくと
翌朝すっきりです。

あとは、毎朝毎晩続けている
ゆる体操のおかげでもあると思います。



ゆる体操に、大小腸をケアする体操をプラスして
毎日やっていると、体全体がほぐれてくるのがわかります。

筋肉がゆるゆるしてくるのは本当に快感で、
この快感を感じたいがために、ゆる体操をしている気がします。
体操にかかる時間は、通しで10分もかかりません。

お通じも、毎朝快調です。