腰椎椎間板ヘルニアの症状とキャッツクロー > キャッツクロー(キャッツクロウ)



キャッツクローを飲み始めたのは、腰椎椎間板ヘルニアと診断された直後のことでした。重いものを持って腰をひねった瞬間に「クキッ」という違和感を腰の上あたりに感じ、あれよあれよというまに腰から太ももにかけて激痛が走ることに。

あの辛さは、もう二度と味わいたくありません。

その辛さゆえに、腰椎椎間板ヘルニアによさげなサプリメントを探し続けて、たどり着いたのがキャッツクローでした。

キャッツクローは、南米では医薬品として使われているもので、1994年にはWHO(世界保健機関)のジュネーブ会議で、キャッツクローを副作用のない抗炎症剤として公式に認定したということです。

日本では医薬品ではなく食品扱いらしいので、効能などは認められていないと思います。

私がキャッツクローを探し当てて飲みはじめ、しばらくすると、なんだか太ももにずっとあった違和感や痛みが気にならなくなり始めました。

まったく消えたということではなく、薄皮をはぐようにですが、気にならなくなっていった、という表現が一番しっくり来ます。

その頃から、キャッツクローと一緒に鮫軟骨のサプリメントやグルコサミン、コンドロイチンなどのサプリも一緒に飲むようになってきました。個人的には、あれほどひどかった痛みやしびれがだんだんひいてくるような気がして、だいぶいい感じで経過していきました。

腰椎椎間板ヘルニアと診断されて1年が経過し、ほとんど痛みなどが消えたことから、今ではキャッツクローをいったん中断していますが、まだ何かあった場合は、速攻でお世話になると思います。

▼キャッツクローにもいろいろな使い方があります。









キャッツクローのサプリを、腰椎椎間板ヘルニアと診断されてから長いこと飲んできました。ちょっと前までは、あまり種類がなかったんですが、最近では、いろんなキャッツクローのサプリメントが手に入るようになり、うれしい限りですね。

キャッツクローはあくまでもサプリメントなので、効能がどうのとかいえないのです。

まず、これは、コストパフォーマンスがとてもよいキャッツクローのサプリメントです。大量でしかも安い。



これは、海外から取り寄せるタイプのサプリメントです。注文してからだいたい1週間ぐらいで入手できるので、少々余裕を持って注文したいところです。コストパフォーマンスがよいのも特徴。



これは、私が一番最初にお世話になり、しかも実感できたキャッツクローのサプリメント、コストパフォーマンスはそこそこですが、おやつ感覚で食べられて、しかもおいしいのがうれしい。



キャッツクローは、食べる、飲むだけでなく、塗る、風呂に入れるなどの使い方もあるんです。自分にあったキャッツクローの使い方が選べるとは、うれしいですね。個人的には、あったかいお風呂にキャッツクローを入れて、ゆっくり温まりたいところです。塗るタイプもピンポイントで痛いところに塗れるので、いいですね。










腰椎椎間板ヘルニア(腰痛)の際に、一番お世話になったのは、鍼灸院の先生とキャッツクローのサプリメントでした。腰椎椎間板ヘルニアと診断されるまでは、キャッツクローのキャの字も知らなかったのですが、サプリメントを飲みだしてからは、本当にキャッツクローが手放せなくなるほどでした。

キャッツクローの何がいいか?じわじわと、ですが実感できることでしょうか。調べたところ、キャッツクローは南米では医薬品として古来から使用されてきたとのこと。それに惹かれて飲み始めたのですが、お試し版を飲み終わる頃には、不思議なことに体調が良くなった実感がありました。

キャッツクローには、ゼリータイプ、カプセルタイプなど、いくつかの種類があり、私はどれも試してみましたが、はじめての人が飲みやすいのはゼリータイプだと思います。お菓子感覚で食べられるし、実感も一番できたような気がします。お試し版もあるので、気軽に試せます。

↓ キャッツクローゼリータイプのお試し版


腰椎椎間板ヘルニア(腰痛)がだいぶよくなって、キャッツクローのサプリメントを一時期中断していましたが、身体がよくなってくると多少の無理をしてしまうもの。ふとした拍子に、腰に違和感を覚えることもしばしば。ヤバイ!と思った時には湿布や塗り薬を使いますが、お世話になったキャッツクローに塗るタイプが出ていたとは驚きです。体の外側からピンポイントで痛い箇所に使えるのは嬉しいですね。

↓塗るタイプのキャッツクロー











腰痛で苦しむ年齢になってくると、肩、肘(ひじ)、膝(ひざ)などの関節にも、いろいろな違和感や痛みを覚えるようになってくるから不思議です。

身体の中から何とかしたいと思えば、南米で昔から使われてきたキャッツクロー・スティックやサプリメントを選ぶことになるし、体の外から何とかしたいときには、キャッツクローが成分に入っているジェルがあるんですね。

↓シニア世代向けのキャッツクローのジェル




私は、腰椎椎間板ヘルニアと診断されてから、もっぱらキャッツクローをサプリメントとして飲むことが多かったのですが、ピンポイントで関節や腰に違和感を覚えるなあ、というときには、キャッツクロー・ジェルを使ってみたいですね。

↓身体の中からなんとかしたいときのキャッツクロー











キャッツクローを飲んでいると、腰の具合もさることながら
なんだか安心できるんですよね。
精神上、いいことでもあるんでしょうか。




キャッツクローのほかにも、常日頃、腰椎椎間板ヘルニア対策として
やっているエクササイズや、飲んでいるサプリメントがあります。

腰椎椎間板ヘルニアをいろいろな角度から狙い撃ちすることで
よりよい方向に身体を持っていきたいと思っているからです。

キャッツクローに加えて飲んでいるのが、
グリコ パワープロダクションのジョイントプラスです。



体を酷使する職業としては最右翼に入るであろうプロレスラーやプロアスリートを
ターゲットとして作られていて、実際にプロレスラーやプロアスリートが愛用している実績から、腰椎椎間板ヘルニアにどうかと飲んでいるわけです。

プロレスラーやプロアスリートは、腰や足の痛みはつきものだと思うので、
それらを効果的にケアするサプリメントとあれば、期待できます。

私は、グリコ パワープロダクションのジョイントプラスを
朝に1スクープ、プロテインに混ぜて飲んでいますが
カフェオレの甘い味わいが、とてもおいしく感じられます。

実感具合は、というと、飲んでいきなり、腰の具合がバリバリ全開ということではなく
じわじわと悪いところをリペアしてくれているんじゃないかと感じます。

実際、グリコ パワープロダクションのジョイントプラスを切らしてしまって
1週間ほど飲まない時期があったんですが、腰の重さや足のしびれが
すこり戻ってきたような感じがしました。
プラセボ?といってしまえば、それまでなんですけどね。

キャッツクローやグリコ パワープロダクションのジョイントプラスとあわせて
今では日常生活の一部になってしまったのが、ゆる体操。



ストレッチや腰痛体操とも違う、ほんとうに体の奥を「ゆるめてくれる」体操だと思います。

1日5分程度の体操なのですが、夜、寝る前にゆる体操をやっていると
最後の方には、体が気持ちよ〜くなっています。
特に、お腹の奥の方にある大腰筋というインナーマッスルをゆるめる体操は
ガチで気持ちがいい。この体操をやっていると、お腹がグルグルとなっているのが
わかりぐらい、ゆるんでいるんだなあと思えます。

キャッツクロー、グリコ パワープロダクションのジョイントプラス、そして
ゆる体操を続けることで、私の腰椎椎間板ヘルニア対策はいい方向にいっています。








→ 管理人パパに質問メールを送る

※上のフォームが開かない場合
→ nai3man★yahoo.co.jp (★を@に変えてください)